お客様の声

株式会社山田事業所様

― 元々はどんな経緯で伊勢山会計を知りましたか?

グループ会社を父親から譲ってもらったのですが、その際に信頼できる知り合いに税理士を紹介してくれ、と頼んだのがきっかけです。
元々は父親の会社には税理士がいたのですが。

― ということは、税理士さんは自分で選ぼうと思った?

そうです。でも、父親の時代とは違いますので、そろばんをはじくだけの税理士ではなく、新しい考えや自分の会社への思い入れみたいなものを理解してくれるような、イメージにあうパートナー的な税理士を求めていました。試しに・・・と言ったら失礼ですが、最初に無理難題を押し付けてみたんですよ。そうしたら、それをさらっとクリアしてくれまして。
実は、会社はこの山田事業所だけではなく、グループ会社という位置づけで複数あるのですが、そのうちの1つの会社が経営的な危機に陥っていました。 元々の税理士さんにも建て直しのアドバイスを受けていたのですが、どうも違う。

― そこで、信頼できる知人に紹介してもらった杉本先生に、ご相談されたのですね。

杉本先生は、独立される前に大手監査法人系税理士事務所にいらっしゃったので、経営計画なども含め、色々と手を打っていただいたんです。経営指南、という、まさにパートナー的な立場で会社を一緒に救ってくれるような、そんな仕事ぶりでした

― 山田社長自身は、経営や財務的な数字には強い方ですか?

いやいや。そもそも、営業は得意なので問題ないのですが、財務管理に関しては、
恥ずかしながら非常に苦手で弱い部分です。最初は、決算書も読めませんでしたから!
それで、先生から決算書の読み方や、キャッシュフローについてなど、色々と教えていただき、自分の弱い財務の部分を丁寧に補っていただきました。

― そういう点でも数字だけをはじいている税理士さんとは、伊勢山会計さんは差別化されているのでしょうね。

そうなんです。よくあることだと思うのですが、会社で資金が足りない、という事は税理士さんなら帳面を見ていればわかるはずですが、色々な社長仲間に聞いてみても、解決策を税理士に聞いてもどうすればいいのか、具体的な行動指南が出てこないというケースは意外と多いようです。 帳面をつけることが税理士の仕事と思っているのか、アドバイスのかけらもない。(苦笑)
でも、私が望んでいるのは、単に数字を帳面に乗っけるだけでは駄目、ということです。

― 伊勢山会計は、違う?

例えば、先ほどもお話したように、営業的なことは自分でできますが、銀行に対する交渉術などは、何も持ち合わせていないわけですよ。
銀行にいきなり行って「融資をしてください」と言っても、認めてくれるはずもない・・・
どういうものをどうやって出せば、認めてくれるのかさえ、わからないわけです。 経営計画ひとつとっても、何をどう書けば、先方が納得してくれるのかが自分ではわからないのですが、杉本先生に自分の思いのたけを自分の言葉で一生懸命伝えれば、それを形にして具体的なアクションを起こしてくれるんですね。社長は、大体は思いのたけ、っていうのを吐き出すのは得意でしょう。(笑)

― その他のことで、伊勢山会計のこれはいいぞ、という部分はありますか?

経営に関する相談ごとは、税務だけに限られるわけではないですから、自社のポリシーと同様、ワンストップ・ワンネットワークで経営全般、例えば弁護士とか行政書士とか、そういうプロをコーディネートしてもらえるというのも、非常にありがたい部分です。

自分は「やりたいことリスト」を出すだけで、色んな引き出しから必要なものを取り出して実行に移してくれる、という点です。
携帯電話を選ぶのと似ているかもしれません。時代や市場ニーズに合わせて、新しい機能を持った携帯が発売され、その中から自分に必要な機能を持ったものを皆さん、選びますよね。 税理士さんもそれと同じで、時代の進化に合わせたキャッチアップを行って欲しいと思います。
また、自社の成長のステージに合わせて一緒に成長し、ステージアップしてくれる、というところも満足している部分です。

― 有難うございました。

株式会社ユノモ様

― 創業された当初、伊勢山会計を知ったのはどんなきっかけでしたか?

とても信頼している知人からの紹介です。
比較検討もしないで、杉本先生に即決しました。
その時期は、経理がどうこうという以前に、売上を上げることで必死でしたから。(笑)。

― 経理というのは、自分の全てを見せるようなことだと思いますが、不安はありませんでしたか?

なかったです。
僕としては、紹介してくれた人を信頼していましたので、その人が言うならそれでよいだろうと思いました。

― 1年間、無料で見てくれる、というのはどう思われましたか?

創業して、お客もない!お金もない!という状態ですから、「助かる!」ということに尽きます!
大体、1年先に会社があるかどうかも、その時点ではわからないわけですから・・・

― なるほど。無料で、ということだと、普通に報酬を支払っているお客さんとはちょっと対応が異なるとか??(笑)?

無料でやってもらう、という点では、こちらも申し訳ないという気持ちが湧きますから、たまに試算表の報告が翌月になってしまうこともあったのですが、それは別に納得していましたね。
それより、無料で対応してくれることがありがたい、という感じです。
逆に、ここまでやってくれるんだから、自分でもやれることはやっていこう、と思っていました。

― 具体的に、伊勢山会計でしてもらったことで、良かったことは?

まず、サラリーマンから起業しましたので、税のことも知らないしお金の回し方もわからない、というスタートでした。
そんな中、毎月、経理を把握できるようにしていただいたことは、まずは基本的なことだったかな、と思っています。
そんな中でも最も有難かったのは、お客様を紹介してくれたり、他の業界の動きを教えてくれる、という点です。

― 税理士として、色んな業界のクライアントを持っている伊勢山会計ならでは、の価値観という部分ですね。

そうなんです。自分だけだと世間も狭い、視野も狭いじゃないですか。
だったら、経営者の集まる異業種交流会とかに、出たらよいのでは、ということを別の人から言われましたが、営業するのに必死なので、時間もありません。
忙しい自分の代わりに、世間をよくご存知の伊勢山会計さんが時間を使ってくれて情報を提供してくださる、という部分は、まさにとても価値の高いことなんです。

― 他の業界の経営や動向をつかめて、アンテナを磨く、という感じですね。

その通りですね。
自分の業界のことだけしかわからない、というのでは、自社の方向性を決めかねるじゃないですか。
僕は石橋を叩いて渡る系なので、情報を沢山知りたいと思うんです。
だから、面談に来ていただくたびに、他業界のことばっかり聞き出しています。(笑)

― 社長が、知り合いに伊勢山会計を紹介したりもしているそうですが?

そうです。自分がお世話になっていて、それに満足しているからこそ、紹介できるんです。しかも、堂々と紹介できますね。(笑)
実際、自分は伊勢山会計しか知らないし、比較対象はありませんが、それでも満足だと言えるのは、毎月コツコツと面談に来てくれて情報をいただきながら、その都度自分の立ち位置を確認できている、という点が大きいです。
また、レスポンスが早いのも助かりますね。問い合わせしても、調べて折り返しが早い。これも付加価値が高いです。
そして、毎月来てくれる、という安心感ですね。
これからも、ずっとお願いしたいと心から思っています。

― 有難うございました。

株式会社ラッシュ・インターナショナル様

― 元々はどのような経緯で伊勢山会計を知りましたか?

同じオフィスビルに入居していたパートナー企業の社長からの紹介です。

― 担当者の最初の印象はいかがでしたか?

杉本先生は同じ年であり、ちょっと変わった人(!)だなぁと思いましたが、頭の回転が速くて端的に答えを返してくれるので、すぐにこの人にお願いしたいと思いました。

― 伊勢山会計に決めた理由はありますか?

必ず担当者(杉本先生)が毎月、試算表の説明をしに来社してくれるプランがあり、会社にとって重要な数字について直接専門家のレクチャーを受けられる点が決め手でした。

― 具体的に、伊勢山会計でしてもらったことで、良かったことは?

決算や日々の数字に関して気軽に相談できるので、後手後手にならないようなタイミングで適切なアドバイスをいただけることはもちろんのこと、弊社でお手伝いできそうな事業内容で、伊勢山さんのクライアントさんが困っている時に、そのお客様を紹介してくださったことです。
それも1社、2社ではありません。そのたび、杉本先生の顔をつぶさないようにと、こちらも一生懸命、お手伝いをさせていただく中で弊社の大事なお客様になってくださるクライアントが出てきたことですね。
もちろん、私も知り合いから税理士を探している、という相談をされれば、迷わず伊勢山会計さんをご紹介しています。

― その他のことで、伊勢山会計のこれはいいぞ、という部分はありますか?

杉本先生と一緒に弊社の担当してくださっている所員の菅原さんのクオリティの高さですね。
全員の所員さんがそうかはわかりかねますが(笑)、菅原さんは時に杉本先生以上のパフォーマンスを弊社に対して発揮してくれます。
とにかく仕事が早くて知識も豊富、作業が正確なだけでなく、プラスアルファの気配り・気の利いたことができる人。
わがままな私のリクエストにもきっちり答えてくれて、実は密かに杉本先生より頼りにしていたりして!

― 有難うございました。